ストレートコーヒー豆「モカ・マタリ」 販売|自家焙煎珈琲 合歓の木

ストレートコーヒー豆 販売|自家焙煎珈琲 合歓の木
■ 買物カゴの中身を確認

ストレートコーヒー豆「モカ・マタリ」のご紹介

■ モカ・マタリ

豆は不揃いですが、独特の香味をもつ優良品、苦味、酸味ともにあり味は良好。

■産地:アラビア半島南西端、イエメン共和国
■品種:アラビカ種
■特徴:
イエメン産のコーヒー豆は特に「モカ・マタリ」 (Mokha Mattari) ともいい、イエメン北西部の高地産です。
独特の香味をもつ優良品、苦味、酸味ともにあり味は良好。

★日本でも人気が高い モカ・マタリ(Mokha Mattari)

イエメンの首都サヌアの外港であるモカから積み出されたコーヒー豆を総称するブランド。 アフリカ大陸のイエーメンは、本島を南北に走る3000〜6000フィートの山岳地帯で、栽培規模は小さく、モカコーヒー中の最高品であるアラビカコーヒーとしてエチオピアから植樹導入され260年の歴史をもつコーヒー。 さわやかな香りとコク、ほどほどの酸味と苦味のある味わいで大変飲みやすい珈琲。かつて「コーヒールンバ」に唄われていたためか、日本でも人気が高い。「No.9」というのが、欠点豆のほとんどない優良品です。 比較的高価なモカ・マタリは酸味・苦味共に控えめでストレートで飲まれることが多いコーヒー。

★合歓の木では100%本物のモカ・マタリをお客様にお届けします。

モカ・マタリ モカ・マタリ モカ・マタリ
■モカ・マタリ
■単価 : 850円 (税込)/100g
■数量 :
■挽き方 : 下記を参照下さい
■ 買物カゴの中身を確認

■コーヒー豆の挽き具合

挽いた豆は、湿気などを吸い酸化しやすく、風味の悪化が早くなってしまいます。 このことからも、一番のお勧めは「豆のまま」でコーヒーをお買い上げき、豆を挽くのは飲みたい時に飲みたい量だけ挽くことです。
お客様のコーヒーの飲み方に合わせて合歓の木では「コーヒー豆の挽き具合」を細かく設定しております。
豆の挽き具合およびその特徴を下表に整理しましたので、参考にしてください。

挽き具合適した抽出器具や量特徴・おすすめ
(1番)極細挽き・エスプレッソメーカー
・水出し
細かさは市販の白砂糖ほど。
濃厚なコーヒー(エスプレッソ)コーヒーを抽出するのに最適。
(2番)極細挽き・エスプレッソメーカー
・水出し
・サイフォン
・ペーパードリップ
濃厚なコーヒー(エスプレッソ)コーヒーを抽出するのに最適。
水出しのウォータードリップコーヒーを抽出するのに最適。
サイフォン、ペーパードリップでの1人分など少量の場合。
(3番)細挽き・エスプレッソメーカー
・水出し
・サイフォン
・ペーパードリップ
水出しのウォータードリップコーヒーやドリップ式が最適。
苦味とコクを強調したい時にお勧め。
サイフォン、ペーパードリップでの1人分など少量の場合
(4番)細挽き・サイフォン
・ペーパードリップ
細かさは市販されているコーヒーよりも少々細かいくらい。
ペーパードリップでの最も一般的な挽き具合。
サイフォン、ペーパードリップでの1人分では少し苦い目が好みの方。
(5番)中挽き・サイフォン
・ペーパードリップ
ペーパードリップでの最も一般的な挽き具合。
サイフォン、ペーパードリップでの約2人分までの場合がおすすめ。
(6番)中挽き・サイフォン
・ペーパードリップ
細かさは市販のグラニュー糖くらい。
市販の粉コーヒーに最も多い一般的な粒度。ペーパードリップでの最も一般的な挽き具合
サイフォン、ペーパードリップでの約2人分までの場合。
(7番)中挽き・コーヒーメーカー
・サイフォン
・ペーパードリップ
コーヒーメーカーでの最も一般的な挽き具合。
サイフォン、ペーパードリップ、コーヒーメーカーでの約3人分などの場合がおすすめ。
(8番)あら挽き・コーヒーメーカー
・サイフォン
・ペーパードリップ
細かさは市販のグラニュー糖とザラメの間くらい。
熱湯の中に浸されるサイフォン式、ストレーナー式に適しています。
サイフォン、ペーパードリップ、コーヒーメーカーでの約3人分以上などの場合や、深入り焙煎の豆を抽出するのに最適。
(9番)あら挽き・パーコレーター 細かさは市販のザラメくらい。
苦味が少なく、酸味がやや強まる挽き方となります。
パーコレーターなどのお湯で直接煮出して抽出する方法に最適。
(10番)極あら挽き・合歓の木のお店の味 合歓の木のお店で出すコーヒーは10番の極粗挽きで豆の量を通常の2.5倍使用し、サイフォンでサッとお湯で抽出しています。コーヒーそれぞれ本来の味が非常に際立った、贅沢でとても美味しいコーヒーが出来上がります。

■アラビカ種

アラビカ種(アラビアコーヒーノキ) はエチオピア原産。コーヒーノキ属の植物の中では、アラビカ種のみは染色体数が44であり、エチオピアに自生していたいずれかのコーヒーノキ属の植物が倍数化した四倍体を起源とすると考えられている。 高品質で比較的高収量で、世界のコーヒー生産において主流となっている。ただし高温多湿の環境には適応せず、霜害に弱く、乾燥にも弱い。
レギュラーコーヒー用。

こだわりの珈琲 こだわりの珈琲 お店のご紹介「お支払い・送料のご案内」
pagetop.gif

合歓の木 お得情報

合歓の木 ご紹介

喫茶・お食事メニューのご案内

合歓の木 珈琲豆・アイスコーヒー販売

コラム

ストレートコーヒー豆

ブレンドコーヒー豆

アイスコーヒー